遺言書には「相続させる」「遺贈する」どちらの言葉を使えばいいのでしょう

「不動産を妻に相続させる」
「預貯金を息子の嫁に遺贈する」など、
「相続させる」「遺贈する」という文言は遺言の中でよく見かけます
どちらも遺言者が死亡した場合に特定の者が財産を取得することになるという意味においては似ているのですが、
大きな違いがあるのです。

人が亡くなると、その人が生前持っていた財産上の権利や義務等は法定相続人に移転します。
このが相続です。
つまり、『法定相続人に財産を移転させる』ことを「相続させる」と呼び、
従って、遺言書には法定相続人以外に対して「相続させる」と書くことはできません。

一方、「遺贈」とは遺言によって財産を無償で譲ることをいいます。
譲る相手には特に制限はなく、
法定相続人に対してもそれ以外の人や団体に対しても「遺贈する」と書くことができます。

つまり法定相続人以外に対しては「遺贈する」としか書けませんが、
法定相続人に対しては「相続させる」「遺贈する」共に書けるということになります。

ちなみに遺贈すると書いた場合、
名義変更を行う際は、受遺者と相続人全員が共同して行わなければなりません。
また不動産の名義変更の登録免許税が固定資産評価額の1000分の20になります。

相続させると書いた場合、
受遺者が単独で手続きをすることができ、
登録免許税は固定資産評価額の1000分の4になります。

法定相続人に財産を譲りたい場合には、どちらの表現も使えると書きましたが、
実際のところどちらを書いたらいいのかは・・・もうお気づきかと思います。

«
 

トラックバックURL