相続税の納税が期限に間に合いそうにない場合の対処法

相続税の申告、そして納付は、相続開始を知った日の翌日から10か月以内に行います。
もしも手続きをせずに納付期限が過ぎてしまうと、加算税や延滞税などのいわゆるペナルティが科せられます。

10か月はあっという間です。
申告をするには亡くなった方の財産の調査をし、それを元に遺産分割をする必要があります。
そしてその分割内容によって、納税額が変わります。

では、納税期限までに遺産分割が済みそうもない場合どうしたらいいのでしょうか。
このピンチを乗り切らないと、重~いペナルティが科せられてしまいます。

このように遺産が未分割で各相続人の負担額の計算ができない場合は、
ひとまず法定相続分に応じて納税しましょう。
この場合、配偶者の税額軽減や小規模宅地の特例は適用されません。

でもご安心ください。
遺産分割をして後、税務署に対し、すみやかに『更正の請求』をしましょう。
更正の請求が認められれば税額を訂正してもらうことができ、払いすぎた税金分は還付してもらえます。

ただし申告期限から5年以内しか請求できませんので注意が必要です。

«
»
 

トラックバックURL