納税義務者はこうやって決まるのです

相続税とは・・・・・人の死亡に基因する財産の移転(相続)に着目して課される税金のことを言います。
平成15年度税改正により、2003年(平成15年)の税改正で最高税率はそれまでの70%から50%に引下げられました。
贈与税も同様の税率に引き下げられた。基礎控除額は「5,000万円+1,000万円×法定相続人の数」
さらに平成23年度税制改正(案)では

基礎控除の見直し(案)が検討されています。
【現行】「5,000万円+1,000万円×法定相続人数」
【改正案】「3,000万円+600万円×法定相続人数」
税率構造の見直し(案)
各法定相続人の法定相続分相当額が2億円超3億円以下については税率が40%から45%に、6億円超については50%から55%に引き上げとの案を審議しています。
相続税は、遺産が相続税の基礎控除額を超える場合に、
申告が必要になります。
また、相続時精算課税制度が導入されてから、生前贈与が容易になり、財産の有効活用および経済効果が期待されます。
●納税義務者
納税義務者は以下のとおりです。
・・・・原則として日本に住む者が対象となります。
★居住無制限納税義務者 ・・・・・
相続又は遺贈により財産を取得した個人で財産取得時に日本に住所を有するもの
★非居住無制限納税義務者 ・・・・・
相続又は遺贈により財産を取得した日本国籍を有する個人で、財産取得時に日本に住所を有しないもの
(ただし、その個人、被相続人、遺贈をした者がその相続又は遺贈に係る相続の開始前5年以内のいずれかの時に日本に住所を有していたことがある場合に限られる。)
★制限納税義務者 ・・・・・・
相続又は遺贈により日本にある財産を取得した個人でその財産を取得した時に日本に住所を有しないもの(2の者を除きます。)
★特定納税義務者 ・・・・・・
贈与(死因贈与を除く。)により相続時精算課税の適用を受ける財産を取得した個人
(1から3までの者は除かれます。)

無料で相続税の相談を利用できます
これからの時代ですと、贈与をうまく使うことで相続の時の税金の対策をとれますね。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/tax

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む