相続の生前贈与の把握範囲

亡くなった人からすべての財産から生前贈与の分を割り出すことは容易ではありません。
話し合いの中でももめる原因の一つにあげられますが生前贈与は子供だけにとどまらずその配偶者や孫までも巻き込んでしまうこともあります。
特に死亡保険金などの場合は生前贈与の対策として使われることも多いようですが、一長一短ではいきません。
死亡保険金の受取人が推定されている生命保険は一般的には相続財産とはみなされません。

受取人として指定されている人の固有の財産とされています。
財産が少なくても保険金が多額の場合には、相続人たちの間で物議をかもしだすことも少なくありません。
このような場合は生命保険を特別受益としてその分を実質の相続財産と認めてしまう場合もあります。
兄弟姉妹がいなければ特に問題は生じることが少ないのですがおおき兄弟姉妹の関係ではベストな方法を選ぶことがもめごとを避けるポイントでもあります。
贈与税の税率は、相続税の税率よりも、大きく設定されていて、慎重に検討しなければ、かえって多く税金を払うことにもなりかねません。

第九百五条   【 相続分の取戻 】
第一項  共同相続人の一人が分割前にその相続分を第三者に譲り渡したときは、他の共同相続人は、その価額及び費用を償還して、その相続分を譲り受けることができる。
第二項  前項に定める権利は、一箇月以内にこれを行わなければならない。

第二項  前項の協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、家庭裁判所は、同項に規定する寄与をした者の請求により、寄与の時期、方法及び程度、相続財産の額その他一切の事情を考慮して、寄与分を定める。
第三項  寄与分は、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額から遺贈の価額を控除した額を超えることができない。
第四項  第二項の請求は、第九百七条第二項の規定による請求があつた場合又は第九百十条に規定する場合にすることができる。

実績の多さが遺産分割協議書の精度を上げます
家族の構成や相続人の状況によって、遺産分割協議書の作成にパターンがあります。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/legacy/jirei

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む