相続税の軽減措置と財産の管理人

相続税の軽減措置は小規模宅地の評価減や貸家建付地の軽減などがあります。
さらにこの課税価額の合計額から基礎控除額を差し引き、
課税対象額を計算します。
相続財産以外を売却した場合には特例の適用はありません。
非課税枠=
(相続財産の内で土地の評価額
合計-物納した土地と物納申請中の土地)
相続税額×

(相続税の課税対象の課税価格
(債務と葬式費用の控除前での評価額の合計)
相続財産法人の成立

第九百五十一条 相続人のあることが明らかでないときは、相続財産は、
法人とする。

(相続財産の管理人の選任)
第九百五十二条 前条の場合には、家庭裁判所は、利害関係人又は検察官の請求によって、相続財産の管理人を選任しなければなりません。
2 前項の規定により相続財産の管理人を選任したときは、

家庭裁判所は、遅滞なくこれを公告しなければならない。
(不在者の財産の管理人に関する規定の準用)
第九百五十三条 第二十七条から第二十九条までの規定は、
前条第一項の相続財産の管理人(以下この章において単に「相続財産の管理人」という。)について準用する。

(相続財産法人の不成立)
第九百五十五条 相続人のあることが明らかになったときは、
第九百五十一条の法人は、成立しなかったものとみなす。
ただし、相続財産の管理人がその権限内でした行為の効力を妨げない。

(相続財産の管理人の代理権の消滅)

第九百五十六条 相続財産の管理人の代理権は、
相続人が相続の承認をした時に消滅する。
2 前項の場合には、相続財産の管理人は、
遅滞なく相続人に対して管理の計算をしなければならない。

相続について川崎で相談できるところがあります。
相続に関する条文はわかりずらいですね、詳しく相談できると思いますよ。
xn--8ltrsq61dc8f.jp

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む