カテゴリー: 税に振り回されないために

遺言書には「相続させる」「遺贈する」どちらの言葉を使えばいいのでしょう

相続させると書いた場合と、遺贈すると書いた場合には何かメリットやデメリットはあるのでしょうか

「不動産を妻に相続させる」
「預貯金を息子の嫁に遺贈する」など、
「相続させる」「遺贈する」という文言は遺言の中でよく見かけます
どちらも遺言者が死亡した場合に特定の者が財産を取得することになるという意味においては似ているのですが、
大きな違いがあるのです。

“遺言書には「相続させる」「遺贈する」どちらの言葉を使えばいいのでしょう”の詳細は »

相続税の納税が期限に間に合いそうにない場合の対処法

遺産分割が済んでいないと申告も納税もできませんよね

相続税の申告、そして納付は、相続開始を知った日の翌日から10か月以内に行います。
もしも手続きをせずに納付期限が過ぎてしまうと、加算税や延滞税などのいわゆるペナルティが科せられます。

“相続税の納税が期限に間に合いそうにない場合の対処法”の詳細は »

納税義務者はこうやって決まるのです

相続税は、遺産が相続税の基礎控除額を超える場合に、申告が必要になります。

相続税とは・・・・・人の死亡に基因する財産の移転(相続)に着目して課される税金のことを言います。
平成15年度税改正により、2003年(平成15年)の税改正で最高税率はそれまでの70%から50%に引下げられました。
贈与税も同様の税率に引き下げられた。基礎控除額は「5,000万円+1,000万円×法定相続人の数」
さらに平成23年度税制改正(案)では
“納税義務者はこうやって決まるのです”の詳細は »

相続の生前贈与の把握範囲

生前贈与は子供だけにとどまらずその配偶者や孫までも巻き込んでしまうこともあります。

亡くなった人からすべての財産から生前贈与の分を割り出すことは容易ではありません。
“相続の生前贈与の把握範囲”の詳細は »

相続税の軽減措置と財産の管理人

相続税の軽減措置は小規模宅地の評価減や貸家建付地の軽減などがあります。

相続税の軽減措置は小規模宅地の評価減や貸家建付地の軽減などがあります。
“相続税の軽減措置と財産の管理人”の詳細は »