タグ: 遺留分

指定相続でも遺留分は侵害できません

相続人が2人以上いる場合、相続人の受ける相続財産の割合を相続分といいます。相続分については遺言で 定められる場(指定相続分)もありますし、遺言がなけれが法律で定めれらた割合の規定(法定相続分)に従います。

遺言による相続分の指定は自由ですが、兄弟姉妹以外の法定相続人には
遺言によって影響されない遺留分(法律上決められている最低限の相続できる
割合)といわれるものがあります。
“指定相続でも遺留分は侵害できません”の詳細は »