タグ: 登録免許税

遺言書には「相続させる」「遺贈する」どちらの言葉を使えばいいのでしょう

相続させると書いた場合と、遺贈すると書いた場合には何かメリットやデメリットはあるのでしょうか

「不動産を妻に相続させる」
「預貯金を息子の嫁に遺贈する」など、
「相続させる」「遺贈する」という文言は遺言の中でよく見かけます
どちらも遺言者が死亡した場合に特定の者が財産を取得することになるという意味においては似ているのですが、
大きな違いがあるのです。

“遺言書には「相続させる」「遺贈する」どちらの言葉を使えばいいのでしょう”の詳細は »