相続手続きにおける利害関係人の催告権とは

第九百八十七条   【 利害関係人の催告権 】遺贈義務者その他の利害関係人は、相当の期間を定め、その期間内に遺贈の承認又は放棄をすべき旨を受遺者に催告することができる。

若し、受遺者がその期間内に遺贈義務者に対してその意思を表示しないときは、遺贈を承認したものとみなす。ある一定の期間を定め、その期間内に遺贈の承認または放棄すべき旨を受遺者に催告することができる権利のことです。もし、その期間内に受遺者が意思を表示しないときは、遺贈を承認したものとみなされます。

★包括受遺者について第九百九十条
【 包括受遺者の権利義務 】包括受遺者は、相続人と同一の権利義務を有する。

受遺者・・・
胎児は、遺贈については既に生まれたものとみなす(965条・886条)。包括受遺者とは、遺贈によって相続財産を特定することなく、その全部または一部を 特定の者に贈与することができ(包括遺贈とよびます)、これを受け取る人のことを包括遺贈と呼んでいます。ただし「相続人と同一の権利義務を有する」としても、包括受遺者が相続人にはなれません。包括遺贈の放棄は自己のために遺贈のあったことを知った日から3ヶ月以内にしなければならない(990条・915条1項)、とされています。相続人と同一の権利なのになぜ相続人にならないのか?相続人との違いは以下の通りです。

★包括遺贈とは目的物を特定しないでする遺贈のこと(たとえば「遺産の2割」「遺産の3分の1」といったように、漠然とした割合で遺贈する財産をさす)
★包括受遺者は遺留分を有しません。(相続人は遺留分を有します。)
★包括受遺者は代襲相続は発生しません。(相続人は代襲相続があります。)

期限までに相続税を申告するのが大事だ
特例を使う事で優遇を受けられるのですが、これは相続の発生から10ヶ月以内に申告をしないといけない。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/tax

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む