信託法と相続はこれから流行になるだろう

2007年9月30日に施行された現行信託法においては、
新たに後継ぎ遺贈型受益者連続信託が認められています(信託法3条2号・88条1項・89条2項)。これにより、後継ぎ遺贈と同様の効果を得ることができる、としています。
ただし、この場合の相続税の課税関係については明らかになっていません。
信託法は相続とどのような関係があるのでしょうか?
信託法は、
信託(契約、遺言、または一定の事項を記載した書面等による意思表示により、
特定の者(受託者)が一定の目的に従い財産の管理または処分およびその他の当該目的の達成のために必要な行為をすべきものとすること)をめぐる法律関係について規定した法律です。
概略は以下のようになっています。

第1章 総則
第2章 信託財産等
第3章 受託者等
第4章 受益者等
第5章 委託者
第6章 信託の変更、併合及び分割
第7章 信託の終了及び清算
第8章 受益証券発行信託の特例
第9章 限定責任信託の特例
第10章 受益証券発行限定責任信託の特例
第11章 受益者の定めのない信託の特例
第12章 雑則
第13章 罰則

附則
遺言信託では、銀行や信託銀行が遺言者と契約して、次のようなことをします。
遺言書の保管業務
財産に関する遺言の執行業務
相続財産目録の作成や遺産分割手続き等を行う遺産整理業務
遺言書の保管業務
・・・・・遺言書の作成後は遺言書を預かり、遺言者の死亡後、
その遺言書を相続人に渡す業務を行います。
このように信託と相続は関連があるものなのです。

川崎市で遺産分割協議書を相談する
きちんと遺産分割協議の結果をまとめておくと安心ですね。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/legacy

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む