妻と夫の親の相続の説明です

夫婦に子供がいない場合、第一順位がいないことと
なりますから妻と親が相続することになります。

この場合は妻が3分の2、親が3分の1となり
親が両方とも健在であれば3分の1をさらに
二人で均等に分けることとなります。

直系及び傍系(兄弟姉妹)の相続権(889条)

1.被相続人の子
2.被相続人の直系尊属(ただし最近親どまり)
3.被相続人の兄弟姉妹
被相続人の配偶者は、
上記の者と同順位で常に相続人となる。

相続人が直系尊属の場合、代襲相続とはいいません。

遺言による相続分の指定がない場合は法定相続分
(900条)によることとなり、具体的には次の通り。

(1)被相続人(死亡した人)の配偶者
(夫や妻)は常に相続人です。 (民法890条)

※但し、この場合の配偶者とは、婚姻届により
法律上に認められた配偶者であり、内縁などの
事実婚による配偶者ではありません。

(2)配偶者以外の相続人の順位は、
①第一順位が子供 ②第二順位が直系尊属(父母又は祖父母
③第三順位が兄弟姉妹となります。(民法887、889条)

相続手続支援センターと放棄のやり方
相続の放棄は強力な手続きですので、利用するときにはいくつもの制限があります。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/abandonment

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む