相続税と贈与の知識を身につけるメリット

一般的なことをいうと相続税よりも贈与税のほうが負担が大きくなります。
ただし贈与税は毎年、110万円の基礎控除が利用できますので110万円以下の贈与を繰り返すと税金がかからずに財産を動かすことができます。

相続税や贈与税の最高税率は平成23年から50パーセントから「55パーセント」に引き上げられるととなっています。

法人に対して行われた贈与は基礎控除額がありませんから贈与した財産法人税等の課税対象となります。
しかし赤字法人に対しては赤字を補てんしたという意味で法人税や贈与税の課税は行われません。
それから公益事業を含む特定法人で、
公益事業の財産を贈与した場合には原則として課税は行われません。不動産等を法人に贈与すると贈与時には法人税等の課税があったとしてそのあとについては課税が行われません。個人の場合は必ず何年かに一度は贈与税の課税が行われます。

法人に財産を贈与することで相続税を節税できることにもつながります。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む