相続で遺言の撤回の復活の意味を考えた

遺言の撤回があれば最初から遺言がなかったとされますが
遺言の撤回をした後に、その後撤回したものをまた
再び撤回した際には前回の撤回の内容も問題となることがあります。

たとえば民法では遺言の撤回の撤回があった場合は、
最初の遺言の効力は回復せず、例外として元の遺言撤回が
詐欺や強迫による場合にはその取り消しなどが最初の効力として
認められることがあるとしています。

死者の最終意思を尊重するものが遺言ですので自由な撤回と
設定ができることを覚えてくといいでしょう。

債務の免除や引き受けなどを受けた場合も
贈与税が課金されます。

【贈与税の税率】
<贈与税速算表>
基礎控除後の課税価格 税率 速算控除額
(単位:万円)
200万円以下 10% -
300万円以下 15% 10
400万円以下 20% 25
600万円以下 30% 65
1000万円以下 40% 125
1000万円超 50% 225

以下のような場合にも贈与税がかかります。

他人が保険料を支払っていた生命保険金を受け取った場合。
ただし、死亡した人が自分を被保険者として保険料を
支払っていた生命保険を受け取った場合は贈与税ではなく、
相続税の対象となります。

(2) 著しく低い価額で財産を譲り受けた場合
(3) 債務を免除してもらった場合
但し、下記のような財産には贈与税は課税されません。
(非課税財産)
【非課税財産】
・扶養義務者から生活費や教育費として贈与を受けた財産
・社会通念上必要と認められる香典、花輪代、お祝い金、
年末年始の贈答品など
・離婚に際しての財産分与
・相続開始の年に被相続人から贈与を受けた財産
(相続税の課税対象)
・法人からの贈与により取得した財産
(所得税の課税対象)など

しかし債務の免除や引き受け、弁済などがあった場合は
債務者が資力が困難な場合が多いため
この場合の贈与に関しては贈与税が課税されないことになっています。

相続税を専門にする川崎の税理士がいる
税理士には詳しい分野とそうでない分野があります。あたかも医者と同じですような感じです。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む