相続税の軽減措置と財産の管理人

相続税の軽減措置は小規模宅地の評価減や貸家建付地の軽減などがあります。

相続税の軽減措置は小規模宅地の評価減や貸家建付地の軽減などがあります。
“相続税の軽減措置と財産の管理人”の詳細は »

信託法と相続はこれから流行になるだろう

特定の者が一定の目的に従い財産の管理または処分およびその他の当該目的の達成のために必要な行為をすべきものとすることをめぐる法律関係について規定した。

2007年9月30日に施行された現行信託法においては、
新たに後継ぎ遺贈型受益者連続信託が認められています(信託法3条2号・88条1項・89条2項)。これにより、後継ぎ遺贈と同様の効果を得ることができる、としています。
“信託法と相続はこれから流行になるだろう”の詳細は »

妻と夫の親の相続の説明です

配偶者とは、婚姻届により法律上に認められた配偶者であり、内縁などの事実婚による配偶者ではありませんよ

夫婦に子供がいない場合、第一順位がいないことと
なりますから妻と親が相続することになります。

この場合は妻が3分の2、親が3分の1となり
親が両方とも健在であれば3分の1をさらに
二人で均等に分けることとなります。
“妻と夫の親の相続の説明です”の詳細は »

相続税と贈与の知識を身につけるメリット

相続税や贈与税の最高税率は平成23年から50パーセントから「55パーセント」に引き上げられることとなっています。

一般的なことをいうと相続税よりも贈与税のほうが負担が大きくなります。
ただし贈与税は毎年、110万円の基礎控除が利用できますので110万円以下の贈与を繰り返すと税金がかからずに財産を動かすことができます。

相続税や贈与税の最高税率は平成23年から50パーセントから「55パーセント」に引き上げられるととなっています。
“相続税と贈与の知識を身につけるメリット”の詳細は »

相続と離婚の財産分与を理解する

相続税対策で年間110万円ずつ複数年に渡って贈与する契約を結んだ場合は、合計された金額にまとめて贈与税が課税される場合があります。

離婚の際の財産分与ですが、この場合は贈与税は加算されません。しかし財産や事情の内容が贈与税の
課税を逃れようとする場合や、過当な価格の場合は贈与税の課税が行われることもあります。
“相続と離婚の財産分与を理解する”の詳細は »

相続で遺言の撤回の復活の意味を考えた

相続で遺言の撤回をした後に、その後撤回したものをまた再び撤回した際には前回の撤回の内容も問題となることがあります。

遺言の撤回があれば最初から遺言がなかったとされますが
遺言の撤回をした後に、その後撤回したものをまた
再び撤回した際には前回の撤回の内容も問題となることがあります。
“相続で遺言の撤回の復活の意味を考えた”の詳細は »

相続で紛争しないためにやっておくこと

あらかじめ遺言をしておくことで相続人同士の醜く、むだな紛争を防ぐことができます。

ドラマのように他人事ではない、遺産の紛争。
財産をもっていれば人間いざというときに争いごとが
起こってしまうこともあります。
“相続で紛争しないためにやっておくこと”の詳細は »

最新の記事 »