相続で紛争しないためにやっておくこと

ドラマのように他人事ではない、遺産の紛争。
財産をもっていれば人間いざというときに争いごとが
起こってしまうこともあります。
そんな時、あらかじめ遺言をしておくことで
相続人同士の紛争を防ぐことができます。

よく相続争いに巻き込まれる大半のご家族は
遺言があまりうまく機能していないか、していないか
ということがポイントになることも多く、逆に
遺言さえしていればふんそうは避けられたのでは?
と思うことさえ多いのですから。

ただし、ゆいごんは書くにあたってもルールがあります。
単なる言葉やテープなどのろくおんだけでは法的に効力が
認められませんので注意が必要です。
遺言は法律に従って紙に書いたものでなければいけないのです。

一番効力が強いのはゆいごんしたいと思っている人が
立会人(二人)と一緒に公証役場(こうしょうやくば)へ行って作成してもらう
「公証遺言書(こうせいゆいごんしょ)」です。体調が悪かったり、なかなか
出向けない場合は、公証人に出張してもらうこともできます。

財産をめぐる親族の争いごとを避けるためには
遺言はとても効力があり、悲惨な争いごとを避けるためにはとても
有効的な手段であることを覚えておきましょう。

民法960条により遺言の法律の定める方式に従って
作成することが必要です。

第一に、本当にその遺言を書いたのが被相続人であるかどうか
を確認する必要があります。
死人に口無しではないですが、死んだあとに別の人が
都合のよい内容で書かないとも限りません。

そのために方式を法律上キチンと定めておくのです。
どのような決まりの方式があるのか見ていきましょう。

民法906条(遺産分割の基準)

遺産の分割は、遺産に属する物または
権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、
心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮してこれをする。

(1)普通の方式
①自筆証書遺言
②公正証書遺言
③秘密証書遺言

(2)特別の方式
①病気のとき
②伝染病のとき
③船の中にいるとき
④遭難した船の中にいるとき

普通式遺言とは遺言者の任意選択で
3つのうちどれを選んでもいいこととなっています。

特別式遺言の場合は、病気やその他の理由で
死亡の危機に陥ったり伝染病など一般社会から
隔絶された状態で存在する場合決められた要件に
従ってする遺言となっています。

民法の法律通りに示されていない場合は
効力はないとされますので、きちんと
法律に沿った遺言が必要であることが前提です。

遺産分割協議書のことを川崎で調べられる
いろいろ情報をかじると間違った遺産分割協議書を作ってしまうので危険ですよ。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/legacy

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む