カテゴリー: 遺産を分ける話合い

子どものいない家は揉めやすい

子供のいないご夫婦で、相続で兄弟姉妹ともめそうであったり、おい・めいと あまり付き合いがない場合には、遺言書を作っておくことがとても大切です。

財産が多いか少ないかにかかわらず、お子さんがいない夫婦の
どちらかが亡くなり、第三順位の兄弟姉妹が相続人となる場合、
亡くなった方がお年を召していると、分割協議の手続きが少し
面倒になることがあります。
“子どものいない家は揉めやすい”の詳細は »

指定相続でも遺留分は侵害できません

相続人が2人以上いる場合、相続人の受ける相続財産の割合を相続分といいます。相続分については遺言で 定められる場(指定相続分)もありますし、遺言がなけれが法律で定めれらた割合の規定(法定相続分)に従います。

遺言による相続分の指定は自由ですが、兄弟姉妹以外の法定相続人には
遺言によって影響されない遺留分(法律上決められている最低限の相続できる
割合)といわれるものがあります。
“指定相続でも遺留分は侵害できません”の詳細は »

遺産分割協議で代理人が必要な時とは

相続が発生したら、まずは相続人の調査をし、そして場合によっては代理人の選任が必要かどうかも考えてみましょう。

遺産分割協議は、相続人が全員参加して行います。
一人でもかけているとその協議が無効になるのはご存知でしょうか。
そのためにはまず、隠れた相続人などがいないか調査する必要があります。
さて、相続人の調査とはどのように行うのでしょうか。

“遺産分割協議で代理人が必要な時とは”の詳細は »

遺留分について考えてみましょう

遺留分制度とはどのようなものなのでしょうか。

遺留分とは、残されたご家族への最低限の財産保証です。

“遺留分について考えてみましょう”の詳細は »

相続で紛争しないためにやっておくこと

あらかじめ遺言をしておくことで相続人同士の醜く、むだな紛争を防ぐことができます。

ドラマのように他人事ではない、遺産の紛争。
財産をもっていれば人間いざというときに争いごとが
起こってしまうこともあります。
“相続で紛争しないためにやっておくこと”の詳細は »