遺言書には「相続させる」「遺贈する」どちらの言葉を使えばいいのでしょう

相続させると書いた場合と、遺贈すると書いた場合には何かメリットやデメリットはあるのでしょうか

「不動産を妻に相続させる」
「預貯金を息子の嫁に遺贈する」など、
「相続させる」「遺贈する」という文言は遺言の中でよく見かけます
どちらも遺言者が死亡した場合に特定の者が財産を取得することになるという意味においては似ているのですが、
大きな違いがあるのです。

“遺言書には「相続させる」「遺贈する」どちらの言葉を使えばいいのでしょう”の詳細は »

遺産分割協議で代理人が必要な時とは

相続が発生したら、まずは相続人の調査をし、そして場合によっては代理人の選任が必要かどうかも考えてみましょう。

遺産分割協議は、相続人が全員参加して行います。
一人でもかけているとその協議が無効になるのはご存知でしょうか。
そのためにはまず、隠れた相続人などがいないか調査する必要があります。
さて、相続人の調査とはどのように行うのでしょうか。

“遺産分割協議で代理人が必要な時とは”の詳細は »

もしも相続財産を寄付したらどんなことがあるのでしょう

相続された財産を寄付すると財産を相続された方ご自身にとってもメリットがあります。 ただし相続税の申告期限10か月以内に寄付を完了しなくてはならないのでご注意を!

日本ではまだまだ少数ですが、
海外では相続財産の寄付が割とポピュラーです。
では、日本において相続財産を寄付すると、どのようなことがあるのでしょうか。

“もしも相続財産を寄付したらどんなことがあるのでしょう”の詳細は »

相続税の納税が期限に間に合いそうにない場合の対処法

遺産分割が済んでいないと申告も納税もできませんよね

相続税の申告、そして納付は、相続開始を知った日の翌日から10か月以内に行います。
もしも手続きをせずに納付期限が過ぎてしまうと、加算税や延滞税などのいわゆるペナルティが科せられます。

“相続税の納税が期限に間に合いそうにない場合の対処法”の詳細は »

遺留分について考えてみましょう

遺留分制度とはどのようなものなのでしょうか。

遺留分とは、残されたご家族への最低限の財産保証です。

“遺留分について考えてみましょう”の詳細は »

相続手続きにおける利害関係人の催告権とは

相続手続きにおける利害関係人の催告権とはある一定の期間を定め、その期間内に遺贈の承認または放棄すべき旨を受遺者に催告することができる権利のことです。

第九百八十七条   【 利害関係人の催告権 】遺贈義務者その他の利害関係人は、相当の期間を定め、その期間内に遺贈の承認又は放棄をすべき旨を受遺者に催告することができる。
“相続手続きにおける利害関係人の催告権とは”の詳細は »

納税義務者はこうやって決まるのです

相続税は、遺産が相続税の基礎控除額を超える場合に、申告が必要になります。

相続税とは・・・・・人の死亡に基因する財産の移転(相続)に着目して課される税金のことを言います。
平成15年度税改正により、2003年(平成15年)の税改正で最高税率はそれまでの70%から50%に引下げられました。
贈与税も同様の税率に引き下げられた。基礎控除額は「5,000万円+1,000万円×法定相続人の数」
さらに平成23年度税制改正(案)では
“納税義務者はこうやって決まるのです”の詳細は »

相続の生前贈与の把握範囲

生前贈与は子供だけにとどまらずその配偶者や孫までも巻き込んでしまうこともあります。

亡くなった人からすべての財産から生前贈与の分を割り出すことは容易ではありません。
“相続の生前贈与の把握範囲”の詳細は »

相続税の軽減措置と財産の管理人

相続税の軽減措置は小規模宅地の評価減や貸家建付地の軽減などがあります。

相続税の軽減措置は小規模宅地の評価減や貸家建付地の軽減などがあります。
“相続税の軽減措置と財産の管理人”の詳細は »

信託法と相続はこれから流行になるだろう

特定の者が一定の目的に従い財産の管理または処分およびその他の当該目的の達成のために必要な行為をすべきものとすることをめぐる法律関係について規定した。

2007年9月30日に施行された現行信託法においては、
新たに後継ぎ遺贈型受益者連続信託が認められています(信託法3条2号・88条1項・89条2項)。これにより、後継ぎ遺贈と同様の効果を得ることができる、としています。
“信託法と相続はこれから流行になるだろう”の詳細は »

« 過去の記事